[2021年12月03日]

路傍の石に夕日や枯すすき

泉 鏡花(1873~1939)

枯すすき(芒)が冬の季語。枯薄、芒枯る、枯尾花、冬芒なども同意の季語です。
冬枯れの筆頭はやはり芒でしょうね。それまで美しかった穂も冬になると枯れ切ったわびし気な姿になります。「枕草子」の「草の花は」では、「冬の末まで頭のいと白くおほどれたるも知らず、むかし思ひで(頭が白くざんばらになっているのにも気づかず昔なつかしげに)」とやや苦い感想を述べて、枯芒を老人にたとえて記述しています。
この句の「路傍」は、「みちばた」と読みます。枯芒のわびしさと道端の石に夕日が当たっている、と写実的にとらえ詠っています。
作者いずみ・きょうかの紹介は、2020年11月22日を参照。
(出典:角川春樹編「合本 現代俳句歳時記」、角川春樹事務所、2004年刊)
・地震のニュース。3日午前2時18分、山梨県大月市で震度4。午前6時37分同じく大月市で震度5弱。富士五湖の下、約20㎞でナマズがうごめいています。富士山の活動は「特段変化なし」と気象庁が会見をしました。

投稿者 m-staff : 2021年12月03日 08:59

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/7940