[2021年12月13日]

水仙を剣のごとく活けし庵

山口青邨(1892~1988)

水仙が冬の季語。水仙花、雪中花、野水仙なども同意の季語です。
単に水仙といえば野生の野水仙を指し、冬の季語。ほかの水仙はすべて春季となります。ヒガンバナ科の多年草。地中海沿岸が自生地とされています。球根が有毒なのでギリシア語の「麻酔」の意味からこの名がついたという説があります。厳しい冬に開花し、花冠は白で黄色の副花冠は良い香りがしますね。姿が清楚なので観賞用として庭などに植えられています。
この句では、庵に剣のように水仙が咲いている、と詠っています。実景ですね。
作者やまぐち・せいそんの紹介は、2005年3月13日を参照。
(出典:平井照敏編「新歳時記」、河出書房新社、1989年刊)
・アメリカでは10日の夜から11日にかけて、南部や中西部の6つの州で竜巻が相次いで発生。甚大な被害を与えました。専門家によると10日夜に発生した2つから4つの強い竜巻は、最大で直径4キロ近く、風速130メートルほどに達し、4時間にわたって350キロ以上移動したとされています。温暖化によると思われる気候変動は予期しない災害を生み出しますね。

投稿者 m-staff : 2021年12月13日 09:21

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/7951