[2022年02月04日]

老いの春死ぬ気はなくて死にたがる

小出秋光(1926~2006)

春が春の季語。陽春、芳春、東帝、青帝、三春、九春なども同意の季語です。
春という言葉には、もののときめく明るい響きがありますね。俳句では立春から立夏の前日までを指します。ほぼ陽暦の2月から4月までに当たりますが、実際の感じでは3,4,5月が春らしくなります。春は寒暑の移り変わりの季節で、2月は寒く、3月に入って寒暖を繰り返しながら、次第に暖かくなって、4月には暖かさが定まりますね。草木が芽ぐみ、花が咲きだします。
この句では、年を取れば、誰でも遭遇する気持ちの在り方を表現しています。
今日は、立春。24節気の一つ。暦の上ではこの日から春になりますが、しぶとく冬が居座っています。
今日は、北京冬季オリンピックの開幕式。
作者こいで・しゅうこうの紹介は、2005年5月3日を参照。
(出典:「新版・俳句歳時記第二版」、雄山閣、2003年刊)
・世界保健機関=WHOによると、ヨーロッパなどではワクチンの接種によって新型コロナウイルスへの免疫を持つ人が増え、今後、長期的に感染状況が落ち着く可能性があるという見方を初めて示しました。その上で感染を抑え込むために追加のワクチン接種や感染対策を徹底することを呼び掛けています。日本政府は医療現場が法

投稿者 m-staff : 2022年02月04日 10:27

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/8020