[2022年02月14日]

バレンタインデー荒鵜は海猫の見張役

角川源義(1917~75)

バレンタインデーが春の季語。バレンタインの日、愛の日なども同意の季語です。
今日は聖バレンタイン殉教の日。異性とカードや手紙を交換する習慣が、日本では女性から男性へチョコレートを贈る風習として定着しました。今ではチョコレートが有名になりましたが、意中の人にハート形のカードを送って愛を告白するには都合の良い日ですね。
この句の「荒鵜(あらう)」は、鵜飼で、まだ飼い主に慣れていない鵜を指しています。また「海猫(ごめ)は、鴎の一種で、鳴き声は猫に似ていて、太平洋の北西部にのみ生息していて、青森県の蕪島、山形県の飛島などは天然記念物に指定されています。
この句では、餌を狙って飛来してくる海猫を荒鵜が見張りをしているということからバレンタインデー、別名「愛の日」の邪魔をするのはいったい誰なのでしょうね。
作者かどかわ・げんよしの紹介は、2005年3月24日を参照。
(出典:「日本大歳時記」、講談社、1981年刊)
・女子スピードスケート500メートルで高木美帆選手が37秒12の自己ベストマークをして銀メダルを取りました。一つのミスも許されない一番難しい種目が500メートル。あとは1000メートルと団体パシュートの2種目、メダルを期待します。カーリング女子は、今日中国と韓国との2連戦、がんばれ。

投稿者 m-staff : 2022年02月14日 10:03

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/8030