[2022年02月16日]

薮の中魂抜けて雪残りけり

大串 章

雪残るが春の季語。残雪、去年の雪、陰雪、日陰雪、雪形なども同意の季語です。
冬の間に降り積もった雪が春になっても消えずに残っている古雪が残雪です。陰になった家の裏や山の岩陰、木々の間や竹藪などに残っている雪を指します。冬の間に屋根から卸された雪など、山里では春遅くまで残っています。遠くに望む高山の残雪は、桜や桃、杏子の花の咲くころ、まぶしいばかりに輝いています。残雪は、「雪形」として、信州の白馬岳の代掻き馬が良く知られていますね。
この句では、薮の中の雪は魂が抜けたような状態で残っている、と詠っています。
作者おおぐし・あきらの紹介は、2006年10月3日を参照。
(出典:角川春樹編「合本 現代俳句歳時記」、角川春樹事務所、2004年刊)
・女子カーリングは、アメリカと対戦、正念場の大一番です。さて、ロシア国防省はウクライナとの国境近くに展開していた軍の部隊が演習を終えて撤収を始めると発表、しかし欧米各国は事態を慎重に見極める必要があるとの姿勢を示しています。これによってロシア軍の中で変な動きがなければいいのですが…。

投稿者 m-staff : 2022年02月16日 10:01

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/8032