[2022年03月25日]

そら豆の花の黒目にかげ日向

篠田悌二郎(1899~1986)

そら(空)豆の花が春の季語。豆の花、蚕豆も同意の季語です。
近くの家庭菜園では、空豆の花が咲き始めました。空豆の花の特徴は、目玉のような黒い斑のあることですね。マメ科の越年草。中央アジアおよび地中海沿岸地方が原産地。日本への渡来は、はるか奈良時代の天平年間。古くは、単に豆の花といえば空豆を指していました。空豆は豌豆とともに世界で最も古い栽培植物の一つ。高さは1メートルほど、茎は四角で中空、葉は緑白色、4月ごろ葉腋に、白または赤紫色で黒い斑のある花を開きます。
この句の「かげ(陰)日向」は、日の当たらない所と日の当たるところ指しています。空豆の黒い目玉のような斑に日が当たったり当たらなかったりしている、と詠っています。
作者しのだ・ていじろうの紹介は、2005年7月26日を参照。
(出典:平井照敏編「新歳時記」、河出書房新社、1989年刊)
・狂人プーチンが核のボタンを握っています。これを何としてでも止めなければなりません。ウクライナ支援を強化して、日米欧が結束してプーチンを抑えこまなければ第3次世界大戦が起こります。危険な綱渡りが続きます。サッカーの2022年カタール大会アジア最終予選で日本はオーストラリアに勝ち、7大会連続の出場権を獲得しました。ベテランと若手が融合して素晴らしい試合をしてくれました。おめでとう。

投稿者 m-staff : 2022年03月25日 09:49

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/8069