[2022年04月30日]

こんちはと一年生の五人組

榊原風伯

一年生が春の季語。入学、入学式、新入生、入園、進学、新教師なども同意の季語です。
いつもように午後の散歩をしていると、近くの富士見小学校の下校する男の子3人と女の子2人の5人組に出会いました。いずれも真新しいランドセルの一年生です。その子供たちがいきなり私に向かって「こんちは」と声を合わせて、あいさつをしてきました。これには驚いて感激しましたね。きっと父兄や先生から、道であった目上の人には必ず挨拶をしなさい、としつけられているのでしょう。
小学校から大学まで、4月上旬には入学式が行われます。それは学校生活の出発であり、新入生は希望と期待に胸を膨らませ、いささかの不安を織り交ぜた気持で臨みます。中でも満6歳に達して、小学校へ上がる場合は、親も子も喜びは深く、真新しいランドセルが最も印象的ですね。すくすくと育ってもらいたいと念じました。
・エンジェルスの大谷選手が対ホワイトソックス戦で4番DHに入り、1回の第1打席で第4号ホームランを放ちました。ところで、仕事とはいいながら、黄金週間に、海の中、山の中で「探しもの」をしている人たちがいます。本当にご苦労様です。

投稿者 m-staff : 2022年04月30日 09:36

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/8106