[2022年05月08日]

母の日の母悲しませ定年来

田川飛旅子(1914~99)

母の日が夏の季語。
5月の第2日曜日。母の愛に感謝を捧げる日。亡き母を偲ぶものは白、母のいる者は赤のカーネーションを飾る習慣があります。これは北米のウエブスター町のメソジスト教会の信者が、母の追憶のために「白いカーネーション」を配ったことから教会を通して全世界に広まったことによります。日本では1913年以来行われ、特に戦後は急速に一般化しました。我が家では、赤いカーネーションが鉢いっぱいに開いています。
この句は、作者にも定年が来て、きっと母を悲しませる、と詠っています。切ない句ですね。
今日は、世界赤十字デー。赤十字の病院にまで砲弾を撃ち込むプーチンのロシアには関係ないようです。
作者たがわ・ひりょしの紹介は、2006年4月24日を参照。
(出典:「日本大歳時記」、講談社、1981年刊)
・ウクライナのマリウポリの製鉄所に潜んでいた市民の避難が完了しました。これによってロシアはマリウポリの完全掌握を狙って一斉攻撃に転じるでしょうね。5月9日は「戦勝記念日」、さてプーチンはどのようなカードを切るか心配です。

投稿者 m-staff : 2022年05月08日 09:54

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/8114