[2022年05月22日]

陸封の岩魚に海の記憶あり

白澤弓彦1952~2006)

岩魚(いわな)が夏の季語。岩魚釣りも同意の季語です。
山女(やまめ)より上流、高山の山間の渓流に棲んでいます。雨鱒(あめます)の陸封されたもので、あまり移動をせずに、山峡の流れの底や岩陰にいて、昆虫に飛びついたりします。淡泊ですが味は良く、釣れたてを焼いて食べるのは、岩魚釣りの醍醐味ですね。
この句の「陸封(りくふう)」は、魚の中に海中の生活と淡水魚中の生活とを持つものが、地形の変化などによって淡水中に閉じ込められ、一生そこで生活するようになる現象をいい、山女は桜鱒(さくらます)の陸封型です。
この句では、岩魚に「海の記憶」があるとしたところにロマンを感じますね。
作者しらさわ・ゆみひこの紹介は、2007年1月9日を参照。
(出典:白澤弓彦著「白澤弓彦句集」、邑書林、2006年刊)
・エンジェルスの大谷選手は1番DHで出場。チームは4連敗中。大谷選手が打たないとチームは勝てませんね。第1打席はレフト前に巧打。後続がなく無得点。日本のプロ野球は、最下位の阪神と日本ハムが元気になってきて面白くなってきました。ところで、今日の東京は、バイデン大統領の警護でお巡りさんだらけ、近寄らないほういいみたいですね。

投稿者 m-staff : 2022年05月22日 10:31

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/8130