[2022年05月24日]

あをあをとこの世の雨のははきぐさ

飴山 實(1926~2000)

ははきぐさ(箒草)が夏の季語。箒木(ほうきぎ)、箒草なども同意の季語です。
アカデ科の1年草。中央・西アジアの原産で、古く中国から草箒の材料として渡来。荒地にもよく育ち、畑の隅や農家の庭先などで栽培されています。茎は固くて直立し、はじめ青色にこんもりと生い茂り、のちに枝とともに赤くなります。晩夏には、葉のわきに淡い緑色の小花を穂状に付けます。実がなると硬い茎が折れやすくなるので、8月の終りごろに抜き取って陰干しし、草箒を作ります。
この句では、夏のよく育っていて青々とした箒草に強い雨が降っている、と詠っています。「この世の雨」とはいささかオーバーですね。
作者あめやま・みのるの紹介は、2007年6月27日を参照。
(出典:平井照敏編「現代の俳句」、講談社学術文庫、1993年刊)
・バイデン大統領は、もともと失言の多い人。気を付けていないと何を言い出すか周りは心配ですね。トランプに揚げ足を取られないようにしましょう。ところで今日からセリーグとパリーグの交流戦。来月12日まで行われます。12球団で最も勝率の高い球団が優勝します。

投稿者 m-staff : 2022年05月24日 10:00

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/8132