[2022年07月06日]

たくましき修道院のアカンサス

青柳志解樹

アカンサスが夏の季語。
キツネノマゴ科の多年草。葉は薊より大きくて鋭いのですが、とげは無く、葉の中から立ち上がる花は優しい感じがしますね。南ヨーロッパが原産地。公園や大きな庭園で見かけます。ローマ時代から栽培され、その葉からコリント式建築にアカンサス文様としてデザインに使われました。7月ごろ、70~80センチの葉が根際から出て、薄紅色の花を下から上へと咲かせます。葉が薊に似ているので和名は「葉薊」と呼ばれています。
この句では、修道院のアカンサスがたくましいとだけ表現しています。そこで生活している修道女の質素な堅実な生活がうかがわれますね。
作者あおやぎ・しげきの紹介は、2005年10月12日を参照。
(出典:青柳志解樹編著「俳句の花 下巻」、創元社、2008年刊)
・台風4号から変わった温帯低気圧の影響で西日本や東日本では大気の不安定な状態が続き、九州や中国地方では局地的に激しい雨が降っています。横須賀も雨空です。ところで、KDDIは、大規模な通信障害が発生から86時間で全面復旧したと発表。通信障害に対してコールセンターには9万件を超える苦情が殺到したと公表、今後、利用者に対しては影響を確認したうえで何らかの補償を検討してゆくとしています。マンモス事業の脆弱さが証明されたましたね。

投稿者 m-staff : 2022年07月06日 09:57

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/8174