[2022年08月04日]

雲海や一天不壊の碧さあり

大谷碧雲居(1885~1952)

雲海が夏の季語。
夏山に登って、高所から下界を見下ろすと、雲の層が波を打っているように見えます。この情景は、一面が雲の層の上部なので、まるで雲の海のように見えますね。荘厳な景色ですが、下界を見ることはできません。むしろ、朝焼けや夕焼けなどの彩雲の情景を楽しんでいますね。
この句では、雲海に「一天不壊(いってんふえ)」の碧さを見たと詠っています。空が壊れることなく、堅固に碧さを保っていると表現しています。
ところで、7月31日に、孫の大学生がハワイへ夏期英語講座を受けに旅立ちました。飛行機の中から見る雲海は、スケールが大きく感動していることでしょう。
作者おおたに・へきうんきょの紹介は、2009年8月8日を参照。
(出典:平井照敏編「新歳時記」、河出書房新社、1989年刊)
・新潟県、山形県に大雨特別警報が発表されています。経験したことがないほどのない事態に厳重な警戒が必要です。なぜ、当初の予想を上回る大雨になったのかは、台風6号から変わった熱帯低気圧が原因とされています。さて、エンジェルスの大谷選手が10勝目を目指してアスレチックス戦に登板します。がんばれ!

投稿者 m-staff : 2022年08月04日 09:48

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/8204