[2022年09月25日]

吾亦紅霧が山越す音ならむ

篠田悌二郎(1899~1986)

吾亦紅(われもこう)が秋の季語。吾亦紅、我毛香、地楡(ちゆ)、玉鼓なども同意の季語です。
バラ科の多年草。山野に自生し、日の当たるところに多く見られ。高さは70~100センチほど。小さな葉は、楡の葉に似ていて、茎の頂に暗根に暗紅紫色の無弁花をたくさんつけ、上から下へ咲き進みます。若葉は食用し、根は吐血剤になっています。花というよりは桑の実に似ていて、野趣に富み、古くから愛されていますね。
この句では、吾亦紅が咲いている谷間では、霧が山を越すときに音が聞こえるかのような錯覚を起こす、と詠っています。
作者しのだ・ていじろうは、2005年7月26日を参照。
(出典:平井照敏編「新歳時記」、河出書房新社、1989年刊)
・ようやく雨風が収まって太陽が顔をのぞかせています。洗濯物がよく乾きそうです。ところで、エンジェルスの大谷選手がツインズ相手に14勝目を挙げ、200奪三振も達成、200奪三振とホームラン30本は、史上初とのこと。今日も同点になる2点タイムリーヒットを打っています。

投稿者 m-staff : 2022年09月25日 09:21

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/8257