[2022年12月04日]

酒うすしせめては燗を熱うせよ

高浜虚子(1874~1959)

燗を熱うが冬の季語。熱燗、燗酒、焼燗も同意の季語です。
燗酒の適温は、摂氏50度といわれていますが、それを70度や80度にして飲むことを言います。冬の寒さをしのぐには適していますね。普通は銅壺(どうこ)、鉄瓶、やかんの湯の中に銚子をつけます。玄人は、ちろりという素焼きの、尻のとがった燗徳利を火鉢の灰に突き刺したり、ガラス製のフラスコを火に当てて熱くしたりします。酒を熱くして寒さを忘れる冬のささやかなしのぎ方ですね。
この句では、薄い水増しした日本酒を飲むのだから、せめて燗を熱くしてくれ、と詠っています。
今日から人権週間。
作者たかはま・きょしの紹介は、2005年1月7日を参照。
(出典:平井照敏編「新歳時記」、河出書房新社、1989年刊)
・サッカーワールドカップは、オランダがアメリカに、アルゼンチンがオーストラリア勝ってベスト8に進出しました。日本は6日にクロアチアと対戦します。もうここまでくれば負けるわけにはいきません。勝って祝杯をあげましょう。

投稿者 m-staff : 2022年12月04日 09:59

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/nmt/mt-tb.cgi/8331