2017年08月28日

心に響く言葉(18)

●日常に見かけるこれはと思う言葉を書きとめてみました。何かのときにお役に立てれば幸いです。
第18回は、経済と経営編。
「最少の労力をもって最大の欲望を満たすことが人間の経済行為の基礎原理である。」
アダム・スミス(1723〜90)
「あらゆるいばらの道を切り開き、誰も手がけない新しい創造と取り組め。」
井深 大(1908~97)
「人のやったことは、まだ人のやれることの百分の一にすぎない。」
豊田佐吉(1867~1930)
「すべての事業の対象は大衆であり、どんな仕事の末端も大衆につながっている。」
小林一三(1873~90)
「卵の全部を一つの籠につめて見守れ。」
アンドリュー・カーネギー(1835~1919)
「刻々にくだす意志決定をあやまたないためには、人を使う立場の者は常日頃から自分の人生観、事業観、社会観の涵養につとめることが大切である。」
「つねにアンテナを高くして全体を見る。」
伊藤雅俊(1924~)
「野鴨は馴らすことはできる。しかし馴らした鴨を野生に返すことはできない。もう一つ、馴らされた鴨はもはやどこへも飛んでいくことはできない。ビジネスには野鴨が必要なのである。」
トーマス・ワトソン・ジュニア(1914~93)
「人に従うことを知らない者は、良き指導者になりえない。」
アリストテレス(BC384~BC322)
「世に材なきを憂えず、その材を用いざるを患(うれ)う。」
吉田松陰(1830~59)
「やってみせ、言って聞かせて、させてみて、ほめてやらねば人は動かじ。」
山本五十六(1884~1943)
「人を用いる道は、その長所を取りて短所はかまわぬことなり。」
荻生徂徠(1666~1728)
「智を使い、勇を使い、貪(どん)を使い、愚を使う。」
三略(中国の兵法書)

投稿者 m-staff : 09:33 | トラックバック(0)

2017年07月28日

田中先生を偲ぶ夏の会のお知らせ

皆さん

暑い日が続いていますが、お元気ですか?

夏の会の第一報です。
今年は1月28日の冬の会で皆さんのご都合により、8月下旬開催となります。

ご出欠の連絡は、8月23日までにお願いします。ご連絡をお待ちします。


日程 : 8月26日(土) 16:00
千代田線「乃木坂駅」 5番 改札出口に集合 (代々木上原方面出口です)

● 青山墓地 田中先生と奥様知子さんの墓参
● 梅窓院  熊谷江里子さん(クマちゃん)墓参

● 懇親会 旬海山台所 ひだまり  http://hidamari.net/   地下鉄青山一丁目から徒歩5分
        17:00~ 2時間 時間制限ありのコースメニュー+飲み放題
会費: 5,000円

新秋会幹事 丸井康彰 

投稿者 m-staff : 14:50 | トラックバック(0)

2017年01月30日

心に響く言葉(17)

●日常に見かけるこれはと思う言葉を書きとめてみました。何かのときにお役に立てれば幸いです。
第17回は、信仰、無常、悟り編。
「神を有せざる人は、巨人にして小人なり。富貴にして赤貧なり。」内村鑑三(1861~1930)
「人類はいまだかつて宗教なしに生きてこなかったし、また生きてはいけない。」トルストイ(1828~1910)
「人は決して死を思考すべきでない、ただ生を思考せよ。これが真の信仰である。」ディズレーリ(1804~81)
「信ずる者が 自分の信を信ぜぬ時 私はもはや生を信じ得ない。」八木重吉(1898~19279)
「たとえ信仰はもっていなくとも、祈るということはなんとなく気の休まるものである。」チェーホフ(1860~1904)
「幸いなるかな心の貧しき者、天国はその人のものなり。」(新約聖書・マタイ伝より)
「何事のおわしますをば知らねどもかたじけなさの涙こぼるる。」西行(1118~90)
「朝に紅顔あって世路に誇れども 暮に白骨となって郊原に朽ちぬ。」藤原義孝(954~74)
「ゆく川の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。」鴨長明(1155~1216)
「手のうへにかなしく消ゆる蛍かな。」向井去来(1651~1704)
「世はさだめなこそいみじけれ。」兼好法師(1283~1352)
「人の悟りをうる、水に月のやどるが如し。」道元(1200~53)
「本来無一物。」慧能(638~713)

投稿者 m-staff : 09:46 | トラックバック(0)

2017年01月05日

2017年冬の会/新年会

皆さん

新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
皆さん 夏の会以降 いかがお過ごしでしたでしょうか?
私は12月28日に妻とタイから帰国してから 新年の準備、
初詣、おせち料理と雑煮でお祝いをして 親族の新年会と
慌ただしい年末年始、年男として 酉年 の新年を迎えました。

さて、2017年冬の会/新年会のご案内です。
1月25日(水)までに出欠と簡単な近況をご連絡お願いします。
2017年冬の会/新年会は次の通りです。

● 2017年1月28日(土)18:00~ 
● 池袋西口 旬魚「ゆるり」  http://r.gnavi.co.jp/g651401/
● 会費 5,000円 (コース料理+飲み放題の予定)

- 当日のご欠席にはキャンセル料が発生します。ご注意ください。

よろしくお願いします 幹事:丸井康彰


投稿者 m-staff : 10:07 | トラックバック(0)

2016年08月08日

心に響く言葉(16)

●日常に見かけるこれはと思う言葉を書きとめてみました。何かのときにお役に立てれば幸いです。
第16回は、徳の道編。
「守る所の者は道義、行う所の者は忠信、惜しむ所の者は名節なり。」
欧陽脩(おうようしゅう1007〜72)
「君子は己を省みる。人を謗(そし)る暇(いとま)あらんや。」
伊藤東涯(いとうとうがい1670〜1738)
「日はつねに照らして、自らその恩を知らず、水つねに潤して、自ら徳とせず。」
慈雲(じうん1718〜1804)
「人間の徳は、その異常な努力によってではなく、その日常的な行為によって測定されるべきものである。」
パスカル(1623〜62)
「仁は愛を主とす。人を愛する、己を愛する。同じく仁なり。」
吉田松陰(1830〜59)
「人の行うべきかぎりを行うが人の道にして、このことの成ると成らざるとは人の力に及ばざるところぞ。」
本居宣長(1730〜1801)
「道を行い道を楽しむものは、必ず艱苦に逢うものなれば、その艱苦を凌がんとせば、やはり道を行い道を楽しむものなり。」
西郷隆盛(1827〜77)
「真理の神に対する忠誠は他のすべての忠誠にまさる。」
ガンジー(1917〜84)
「人間は生まれながら神の性と、悪魔の性と、二つ持っている。」
吉川英治(1892〜1962)
「溺るるも水なれば生きるもみずなり。」
尾崎紅葉(1867〜1903)
「善人なをもちて往生をとぐ。いわんや悪人をや。」
親鸞(1173〜1262)
「私たちがみんなで、小さい礼儀作法を気を付けたなら、この人生はもっと暮しやすくなる。」
チャップリン(1889〜1977)
「犠牲は人間最高の義務にして最大の権利なり。」
新渡戸稲造(1862〜1933)
「犠牲を清らかならしめよ、自分を犠牲にした者は、自分を犠牲にしたことを忘れるのが、美しい犠牲の完成なのだ。」
川端康成(1899〜1972)

投稿者 m-staff : 11:12 | トラックバック(0)

2016年01月08日:心に響く言葉(15)
2015年08月14日:心に響く言葉(14)
2015年01月12日:心に響く言葉(13)
2014年08月04日:心に響く言葉(12)
2013年12月10日:心に響く言葉 (11)
2013年08月08日:心に響く言葉
2013年06月23日:こころに響く言葉
2012年12月03日:心に響く言葉
2012年08月06日:心に響く言葉
2012年03月01日:こころに響くことば
2012年02月11日:数字に関する俳句募集
2011年12月08日:心に響く言葉
2010年05月11日:心に響くことば
2009年01月17日:忘れてはならないこと
2008年11月11日:新秋会:師走の集い
2007年12月09日:「新秋会」の発足
2006年10月19日:田中靖政先生を偲ぶ会
2006年08月21日:弔辞
2006年08月17日:訃報
2006年02月20日:靖政時評(番外編)
2006年01月01日:謹賀新年
2004年12月30日:やすまさ