2018年01月28日

心に響く言葉(19)

●日常に見かけるこれはと思う言葉を書きとめてみました。何かのときにお役に立てれば幸いです。
第19回は、経済と経営編(第2回)
「組織全体に一つの勢いをつけることが大事である。」
瀬島龍三(1911~2007)
「名刺で仕事をするな。」
扇谷正造(1913~92)
「新しいぶどう酒は新しい革袋に入れよ。」
新約聖書
「事業には信用が第一である。世間の信用を得るには、世間を信用することだ。個人も同じである。自分は相手を疑いながら、自分を信用せよとは虫の良い話である。」
渋沢栄一(1840~1931)
「会社は利益より信用が大事。」
伊藤雅俊(1924~)
「奉仕を主とする事業は栄え、利得を主とする事業は衰える。」
フォード(1863~1947)
「事業の目的についての正しい定義はただ一つしかない。それは顧客の創造である。」
ドラッカー(1909~2005)
「もともと地上に道はない。歩く人が多くなれば、それが道になるのだ。」
魯迅(1881~1936)
「技術革新のネタは企業や大学でなく市場にある。」
井深 大(1908~97)
「よい種をまけば必ずよい実がなる。最善を尽くせば必ず報いられる。」
樫尾忠雄(1917~93)
「私の現在が成功というなら、私の過去はみんな失敗が土台づくりをしているということになる。仕事は全部失敗の連続である。」
本田宗一郎(1906~91)
「みんなが「不景気だ不景気だ」というときはまだ不景気ではない。みんなが「もうダメだ」と思ったときが、本当の不景気なのだ。」
松下幸之助(1894~1985)
「一将成りて万骨枯る。」
曹松(830?~901?)
「人、遠き慮り無ければ、必ず近き憂い有り。」
論語


投稿者 m-staff : 10:18 | トラックバック(0)

2018年01月01日

2018年冬の会/新年会のご案内

皆さん

新年あけましておめでとうございます。
夏の会で 会場を「日立目白クラブ」で開催するのはどうか、 とのお話がありご出席の皆さんにご賛同頂きました。
そこで、さっそく 9月には予約を取って頂きました。ありがとうございます。
今回は会場が「日立目白クラブ」であることから、早めにご出席人数を把握したく、 1月20日(土)までに 出席される方はご返事をお願いします。

日立目白クラブ (東京都新宿区下落合2-13-28)

1) 日時 : 2018 年 1 月 27 日 ( 土 ) 18:00-20:00
2) 人数 : 16 名 ( 但しプラス 10名 でも許容範囲)
3) 形式 : 着席ビュッフェ
4) コース : 飲み放題 + 料理 \6,000円
新秋会幹事長・丸井

投稿者 m-staff : 12:05 | トラックバック(0)

2017年08月28日

心に響く言葉(18)

●日常に見かけるこれはと思う言葉を書きとめてみました。何かのときにお役に立てれば幸いです。
第18回は、経済と経営編。
「最少の労力をもって最大の欲望を満たすことが人間の経済行為の基礎原理である。」
アダム・スミス(1723〜90)
「あらゆるいばらの道を切り開き、誰も手がけない新しい創造と取り組め。」
井深 大(1908~97)
「人のやったことは、まだ人のやれることの百分の一にすぎない。」
豊田佐吉(1867~1930)
「すべての事業の対象は大衆であり、どんな仕事の末端も大衆につながっている。」
小林一三(1873~90)
「卵の全部を一つの籠につめて見守れ。」
アンドリュー・カーネギー(1835~1919)
「刻々にくだす意志決定をあやまたないためには、人を使う立場の者は常日頃から自分の人生観、事業観、社会観の涵養につとめることが大切である。」
「つねにアンテナを高くして全体を見る。」
伊藤雅俊(1924~)
「野鴨は馴らすことはできる。しかし馴らした鴨を野生に返すことはできない。もう一つ、馴らされた鴨はもはやどこへも飛んでいくことはできない。ビジネスには野鴨が必要なのである。」
トーマス・ワトソン・ジュニア(1914~93)
「人に従うことを知らない者は、良き指導者になりえない。」
アリストテレス(BC384~BC322)
「世に材なきを憂えず、その材を用いざるを患(うれ)う。」
吉田松陰(1830~59)
「やってみせ、言って聞かせて、させてみて、ほめてやらねば人は動かじ。」
山本五十六(1884~1943)
「人を用いる道は、その長所を取りて短所はかまわぬことなり。」
荻生徂徠(1666~1728)
「智を使い、勇を使い、貪(どん)を使い、愚を使う。」
三略(中国の兵法書)

投稿者 m-staff : 09:33 | トラックバック(0)

2017年07月28日

田中先生を偲ぶ夏の会のお知らせ

皆さん

暑い日が続いていますが、お元気ですか?

夏の会の第一報です。
今年は1月28日の冬の会で皆さんのご都合により、8月下旬開催となります。

ご出欠の連絡は、8月23日までにお願いします。ご連絡をお待ちします。


日程 : 8月26日(土) 16:00
千代田線「乃木坂駅」 5番 改札出口に集合 (代々木上原方面出口です)

● 青山墓地 田中先生と奥様知子さんの墓参
● 梅窓院  熊谷江里子さん(クマちゃん)墓参

● 懇親会 旬海山台所 ひだまり  http://hidamari.net/   地下鉄青山一丁目から徒歩5分
        17:00~ 2時間 時間制限ありのコースメニュー+飲み放題
会費: 5,000円

新秋会幹事 丸井康彰 

投稿者 m-staff : 14:50 | トラックバック(0)

2017年01月30日

心に響く言葉(17)

●日常に見かけるこれはと思う言葉を書きとめてみました。何かのときにお役に立てれば幸いです。
第17回は、信仰、無常、悟り編。
「神を有せざる人は、巨人にして小人なり。富貴にして赤貧なり。」内村鑑三(1861~1930)
「人類はいまだかつて宗教なしに生きてこなかったし、また生きてはいけない。」トルストイ(1828~1910)
「人は決して死を思考すべきでない、ただ生を思考せよ。これが真の信仰である。」ディズレーリ(1804~81)
「信ずる者が 自分の信を信ぜぬ時 私はもはや生を信じ得ない。」八木重吉(1898~19279)
「たとえ信仰はもっていなくとも、祈るということはなんとなく気の休まるものである。」チェーホフ(1860~1904)
「幸いなるかな心の貧しき者、天国はその人のものなり。」(新約聖書・マタイ伝より)
「何事のおわしますをば知らねどもかたじけなさの涙こぼるる。」西行(1118~90)
「朝に紅顔あって世路に誇れども 暮に白骨となって郊原に朽ちぬ。」藤原義孝(954~74)
「ゆく川の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。」鴨長明(1155~1216)
「手のうへにかなしく消ゆる蛍かな。」向井去来(1651~1704)
「世はさだめなこそいみじけれ。」兼好法師(1283~1352)
「人の悟りをうる、水に月のやどるが如し。」道元(1200~53)
「本来無一物。」慧能(638~713)

投稿者 m-staff : 09:46 | トラックバック(0)

2017年01月05日:2017年冬の会/新年会
2016年08月08日:心に響く言葉(16)
2016年01月08日:心に響く言葉(15)
2015年08月14日:心に響く言葉(14)
2015年01月12日:心に響く言葉(13)
2014年08月04日:心に響く言葉(12)
2013年12月10日:心に響く言葉 (11)
2013年08月08日:心に響く言葉
2013年06月23日:こころに響く言葉
2012年12月03日:心に響く言葉
2012年08月06日:心に響く言葉
2012年03月01日:こころに響くことば
2012年02月11日:数字に関する俳句募集
2011年12月08日:心に響く言葉
2010年05月11日:心に響くことば
2009年01月17日:忘れてはならないこと
2008年11月11日:新秋会:師走の集い
2007年12月09日:「新秋会」の発足
2006年10月19日:田中靖政先生を偲ぶ会
2006年08月21日:弔辞
2006年08月17日:訃報
2006年02月20日:靖政時評(番外編)
2006年01月01日:謹賀新年
2004年12月30日:やすまさ