2021年01月23日

武蔵野を横に降るなり冬の雨

夏目漱石(1867~1916)

冬の雨が冬の季語。寒の雨も同意の季語です。
寒の内に雨が降るのは気温が高いことによります。冬にしてはわりに暖かい気候になると雨が降り、暗い感じですがなんとなく和らいだ気分になりますね。冬の雨といいながら、北国では雨は珍しく映り、やがて雪になることが多くみられます。さあっと通り過ぎてゆく時雨に対して、音もなく冷ややかに長目に降るのを特徴にしています。
この句の「武蔵野」は、関東平野の一部。埼玉県川越以南で東京都の府中までに広がっています。漱石の時代の武蔵野は本当に田舎だったのでしょうね。そこへ横殴りに冬の雨が降っています。「横に降る」という状態がそのまま雨の強さを表しています。
作者なつめ・そうせきの紹介は、2005年2月17日を参照。
(出典:角川書店編「合本 俳句歳時記第三版」、角川書店、2003年刊)
・気象庁の予報の通り、今、横須賀は強い風と雨が降っています。これから24日にかけて、本州の南岸に前線が停滞し、前線上の低気圧が東へと進むので、関東甲信では、23日昼前から雨や雪になるとみられます。交通への影響のほか、路面の凍結による転倒事故や電線や樹木などのへの積雪が心配されます。

投稿者 m-staff : 09:56 | トラックバック(0)

2021年01月22日

雪ちるやおどけも云へぬ信濃空

小林一茶(1763~1827)

雪ち(散)るが冬の季語。小雪、深雪、六花、雪の花、粉雪、積雪、根雪、細雪、雪曇、雪の声、雪月夜、雪景色、雪国、雪明りなども同意の季語です。
日本は南北に長い弧状列島なので、3メートルを超す積雪のある地方と、ほとんど降雪の無い地方に分かれています。北海道から穂栗一帯は有数の豪雪地帯ですね。昔は、雪の降り方によって、作物の豊凶を占いました。これは雪が農耕に密接に関係していたからです。気温の高いときは雪片が大きく、低いときは乾いた粉雪が多くなります。
この句の一茶の住んでいたところは信濃(長野県)柏原で、新潟県に近く、豪雪地帯です。信濃の空に冗談も言えぬほどに雪が降っている、と詠っています。
作者こばやし・いっさの紹介は、2005年3月27日を参照。
(出典:「一茶俳句集」、岩波文庫、1990年刊)
・22日、核兵器の開発、保有、使用を禁じる「核兵器禁止条約」が発効しました。条約には核保有国や核抑止力に依存する日本などが参加しておらず、核軍縮への歯止めになるかどうかは小国の団結によります。現在、批准をした国と地域は51、条約に加わる意思を示した国は86。すべての国が参加するのはまだまだ先のことですが、唯一の戦争被爆国である日本が参加すれば大きな礎になります。

投稿者 m-staff : 09:36 | トラックバック(0)

2021年01月21日

身じろぎて木莵また元の如く居る

篠原温亭(1872~1926)

木莵(みみずく)が冬の季語。大木葉木莵(おおこのはずく)、木莵(ずく)なども同意の季語です。
木莵は梟に似ていますが、耳のあるのが特徴ですね。フクロウ科で
耳のような羽角(うかく)が目立つグループを木莵と呼んでいます。俳句の場合は、大木葉木莵やとらふ木莵が該当します。とらふ木莵は、全長が30~40㎝ほどで羽角がよく発達しています。山林に棲んで、日中は木の茂みなどで休み、夜間になると活動を始め、餌は鼠、蛙などを食します。木莵と聞けば、夜の闇の静けさ、深さが伝わってきます。
この句では、木莵の静謐さをよく伝えています。鳴き声に特徴がありますね。
今日は、初大師。その年初めての弘法大師の縁日。
作者しのはら・おんていの紹介は、2007年3月15日を参照。
(出典:「篠原温亭句集」、民友社、1927年刊)
・バイデン大統領は、就任の20日、WHOからの脱退の撤回を命じる大統領令に署名、また地球温暖化対策の国際的な枠組み「パリ協定」に復帰するための文書に署名しました。これからトランプ氏の後始末に奔走しなければなりません。大変ですね。

投稿者 m-staff : 09:48 | トラックバック(0)

2021年01月20日

大寒の竹のこゑきくゆふべなり

古賀まり子(1924~2014)

大寒が冬の季語。
大寒は24節気の一つ。または立春前の15日間をいいます。1年中で一番寒い時期、最低気温を観測するのもこのころのことで縮み上がりますね。1月5日の寒の入りから立春の前日(節分)までを「寒の内」と呼んでいます。この時期になると、寒げいこや寒中水泳などが行われますが、今年はどうでしょうね。また、凍み豆腐を作ったり、もち米の寒晒しや酒の寒造りなども行われます。
何しろ今年はコロナのせいですべてがおかしくなっていて、寒げいこなどは中止されたり延期されたりして関係者は大変な思いをしています。
この句では、大寒の日の夕べ、竹の声はどのような音がするのか、聞いてみたくなります。
作者こが・まりこの紹介は、2005年10月4日を参照。
(出典:「日本大歳時記」、講談社、1981年刊)
・今日の夜中の12時にアブナイ大統領は退任し、バイデン大統領が就任します。エキセントリックなトランプ氏に振り回された4年間。まともなアメリカに戻るのは並大抵の苦労ではありません。日本の立ち位置も変わります。今の菅政権では心もとない気がしますね。

投稿者 m-staff : 09:35 | トラックバック(0)

2021年01月19日

枯芝は眼もて撫でて柔かし

富安風生(1885~1979)

枯芝が冬の季語。芝枯るも同意の季語です。
芝の枯れた状態をいい,公園や庭園に敷き詰められた芝生は、になると一面に明るい黄色に枯れてしまいます。雑草の枯れたのとは違って、冬の日差しを集めた枯芝には暖かさと安らぎを覚えますね。また、雪が降って消え残っている枯芝もなかなか風情があります。
この句では、枯芝を眼でもって撫でてその柔らかさを詠んでいます。近くの横須賀市西公園の野球場の周りの芝生も枯れた状態で春を待っています。梅の蕾が膨らんできました。
作者とみやす・ふうせいの紹介は、2005年2月6日を参照。
(出典:「新版・俳句歳時記第二版」、雄山閣、2003年刊)
・イギリスで感染の広がる変異した新型コロナウイルスについてWHOの専門家によると、「従来のウイルスより感染拡大のスピードが速いと指摘する一方で、重症化や死亡の恐れは従来のものと大きな違いがないと言っています。変異ウイルスは現在58か国で確認されています。ワクチンの接種を迅速に進めるとともに感染対策の徹底が大事ですね。

投稿者 m-staff : 09:24 | トラックバック(0)

2021年01月18日:愛憎や鮭雑炊の塩加減
2020年12月28日:一湾の眺めを肴年忘れ
2020年12月15日:夢に舞ふ能美しや冬籠
2020年08月30日:秋が来た雑草にすわる
2020年07月14日:甚平や一生とれぬ西訛
2020年07月12日:雷に怯えて長き睫かな
2020年07月07日:涼風を通す柱の黒光り
2020年05月12日:燦燦と日裏日表風若葉
2020年03月06日:春雷や蒲団の上の旅衣
2020年02月21日:新治や沼の古草金色に
2020年02月05日:白梅や墨芳しき鴻臚館
2020年01月28日:母懐ふ老の感傷初不動
2020年01月06日:神の燭仏の燭や松の内
2019年12月05日:犬猫と同じ姿や冬座敷
2019年11月23日:枯蔦や石の館の夜の雨
2019年06月19日:栗の花紙縒の如し雨雫
2019年04月10日:春暁や一点燈の大伽藍
2019年01月10日:堀川の水の暗さや宵戎
2019年01月01日:元日や上々吉の浅黄空
2018年12月31日:銭洗弁財天の師走かな
2018年12月25日:雪道や降誕祭の窓明り
2018年12月15日:柊の花に何喰む神の鷄
2018年10月30日:神に水仏に線香秋深む
2018年09月24日:名月や故郷遠き影法師
2018年07月14日:巴里祭厠に残る女の香
2018年05月09日:古溝や只一輪の杜若