2021年04月11日

春の山屍を埋めて空しかり

高浜虚子(1874~1959)

春の山が春の季語。春山、春嶺、弥生山、春山辺なども同意の季語です。
春の山は芽吹きの早春から、木の芽が膨らみ、柔らかな葉を広げてくる晩春に至るまで、その時々によって様々な変化を見せます。雪解けの山、山野草が芽吹き、萌え始める山、桜や辛夷の花が咲き、霞のたなびく山、風が光り日差しの明るい山、谷を流れる川も水量が増えて、小鳥の囀る山などその姿はめまぐるしく変わります。
この句では、明るい未来への希望に満ちている山にも、いつか必ずや屍(かばね)を埋めなければならない季節が到来する、と慨嘆しています。
今日は、メートル法公布記念日。
作者たかはま・きょしの紹介は、2005年1月7日を参照。
(出典:「新版・俳句歳時記第二版」、雄山閣、2003年刊)
・男子ゴルフの松山英樹選手はアメリカジョージア州で行われているマスターズの第3ラウンドで11アンダーの首位に立ちました。あと1日を残していますが、この好調を持続すれば、10回目の挑戦で、もしかしたら優勝するかもしれません。楽しみですね。

投稿者 m-staff : 09:51 | トラックバック(0)

2021年04月10日

藤の房吹かるるほどになりにけり

三橋鷹女(1899~1972)

藤の房が春の季語。藤、藤の花、白藤、山藤、藤浪、藤棚なども同意の季語です。
藤がきれいに優雅に咲き始めました。マメ科の蔓性落葉木。原産は日本で、本州以西の山野に自生しています。北海道では見かけませんでしたね。花房の長い野田藤は、観賞用として古くから棚に仕立てて栽培されています。4月から5月にかけて青紫色の花穂が房状に垂れて咲き、長いものは1メートルから2メートルにもなります。風で花が吹き散ることから藤の名前が付けられたといわれています。
この句では、毎日見ているうちに藤の房が大きくなってきた様子が伝わってきますね。
作者みつはし・たかじょの紹介は、2005年2月26日を参照。
(出典:角川書店編「合本 俳句歳時記第三版」、角川書店、2003年刊)
・イギリスではロンドンを含むイングランドで新型コロナウイルスの症状がなくても、すべての市民が無料で定期的に検査を受けられるようになりました。検査は簡易的な方法で地域の検査センターのほか、自宅でも受け取ることができ、市民は薬局や自治体などで7回分が入った検査キットを無料で受取、これを使って自分で結果を確認できます。このようなシステムを日本でも望みたいものです。無症状の陽性者を見つけるためにも必要ですね。

投稿者 m-staff : 10:33 | トラックバック(0)

2021年04月09日

花冷や柱しづかな親の家

正木ゆう子

花冷(はなびえ)が春の季語。花の冷えも同意の季語です。
桜の咲くころに、低気圧が通り過ぎた後、急に冷え込んだりすることがありますね。そのような冷え込みの後に続いてやってきた低気圧によって冷たい雨になったりして、ときには山間部では雪になります。京都などの底冷えはよく知られていますが、花の名所の多い場所の花冷えもときに驚かされます。雨や曇りの日だけでなく、晴天の日も冷ややかさを覚えて、花の色が青白く見えることがあります。
この句では、花冷えのころ、作者の親の家の柱は静かに見えると詠っています。旧家の大黒柱でしょうね。
作者まさき・ゆうこの紹介は、2014年3月4日を参照。
(出典:「蝸牛 新季寄せ」、蝸牛社、1995年刊)
・水泳の日本選手権で、31歳の入江陵介選手は、100メートル、200メートル背泳ぎの4大会連続オリンピック出場を決めました。素晴らしいことですね。東京五輪では、人知れずに努力した結果を池江選手とともに見せてください。

投稿者 m-staff : 09:55 | トラックバック(0)

2021年04月08日

どしやぶりに落花ただよふ仏生会

大野林火(1904~82)

仏生会(ぶっしょうえ)が春の季語。花祭、灌仏会(かんぶつえ)、誕生会なども同意の季語です。
釈迦の誕生日といわれる4月8日に、その降誕を祝って全国の寺院で催す行事を指します。花祭りともいいますね。この日は、花御堂といって、色々な花で作った小さな堂を境内に置き、その中に銅製の誕生仏の像を安置して、参詣人はその像の上に竹のひしゃくで甘茶を注ぎます。古くから我が国ではこの日を神の日と定め、霊山に登って花を摘み、神を拝むなどして一日を楽しく遊んだりしました。
この句では、仏生会の日に、土砂降りになって、桜の花が落ち始めている様子を伝えてくれます。
作者おおの・りんかの紹介は、2005年6月13日を参照。
(出典:角川春樹編「合本 現代俳句歳時記」、角川春樹事務所、2004年刊)
・イギリスで確認された変異ウイルスについて、国立感染症研究所が日本国内での感染事例から感染の広がりやすさを示す「実効再生産数」を計算したところ、従来のウイルスより平均で1.32倍高くなっていることが判明したという事です。このタイプの変異ウイルスは現在、関西などが中心ですが、東京でも少しずつ割合が増えているといわれています。迅速な対応が求められますね。

投稿者 m-staff : 09:49 | トラックバック(0)

2021年04月07日

紫木蓮くらき生家に靴脱ぐも

角川源義(1917~75)

紫木蓮(しもくれん)が春の季語。木蓮、白木蓮、白れん、更紗木蓮なども同意の季語です。
木蓮は中国原産で高さは3メートルほど。庭木として広く栽培されているモクレン科の落葉小高木。4~5月ごろになると、葉の出る前に、紫色の花を咲かせます。筆の先のような蕾が膨らみはじめ、花はそろって同一方向に向いて開きます。「白木蓮」は、よく似た別種で、高さが10メートルにもなり、白色に花を咲かせます。清楚という印象の花ですね。
この句の作者は富山市の出身。蓮華形の紫色の大きな木蓮の花が生家の庭に咲いています。土間の入り口で靴を脱ぎながらその匂いを嗅いでいる光景が浮かんできます。
今日は、世界保健デー。新型コロナがどんどん変異して各地の展開して、収束の気配が見えませんね。
作者かどかわ・げんよしの紹介は、2005年3月24日を参照。
(出典:佐川広治著「季語の花―春」、TBSブリタニカ、2000年刊)
・中国のアキレス腱は人権問題。そこにめがけてバイデン政権は脅しをかけています。アメリカ国務省の報道官は、来年冬の北京オリンピックを同盟国とともにボイコットすることも考えていると公表。バイデン政権は、新疆ウイグル自治区での人権問題をEUとともに追及しているほかに、台湾、香港などへの中国の民主化抑制問題など目白押しです。

投稿者 m-staff : 09:59 | トラックバック(0)