2023年02月09日

柔道着二人で絞り草萌ゆる

大串 章

草萌ゆるが春の季語。下萌、萌、草青む、畦青む、土手青むなども同意の季語です。
暖かくなると黒土の地面から草が萌え出てきます。また生え出した草芽そのものも見られますね。「下萌」は、冬の間地中にあったことが前提になっています。寒暖の対比や冬から春への移り変わりを強く感じられる季語です。黒土の温かさや香りまでも感じられます。
この句では、若者が柔道をしていて、汗にまみれた柔道着を二人がかりで絞っている様子が浮かんできます。これはまた、季語の草萌ゆるがぴったりの効果を上げています。
作者おおぐし・あきらの紹介は、2006年10月3日を参照。
(出典:角川春樹編「合本 現代俳句歳時記」、角川春樹事務所、2004年刊)
・フィリピンを根城とする特殊詐欺グループの指示役の4人が移送されて日本に帰ってきました。これから60億円に上るという特殊詐欺の解明になります。どこまで警察庁、警視庁、検察が内容をつかんでいるか、このほかにまだ上部に関係者がいるように思いますが、さてどうでしょうね。

投稿者 m-staff : 10:27 | トラックバック(0)

2023年02月08日

かぼそさを耳たぶにため針供養

河野多希女

針供養が春の季語。針祭る、針祭、針納め、納め針なども同意の季語です。
ボタン付け、繕い用の裁縫道具一式を持っています。針も一揃いあります。自分のことは自分でせよとの祖母の言い伝えを守っています。針供養は、針を休め、折れた針のために供養をする日。関東では2月8日、関西や九州では12月8日に行われています。その年に使って折れた針を淡島堂へ納め、裁縫の上達を祈ります。淡島様は和歌山県加太町の淡島神社を本社として各地にお堂があります。東京では浅草寺境内にあるお堂が有名ですね。
この句では、針供養で、か細さを耳たぶにためるという表現にひかれました。
作者こうの・たきじょの紹介は、2008年10月7日を参照。
(出典:「新版・俳句歳時記第二版」、雄山閣、2003年刊)
・アメリカと中国の過去1年間の貿易額は過去最高を更新しています。アメリカ商務省の貿易統計によると過去1年間、アメリカと中国のサービスを除いた貿易額は6905億ドル、日本円で91兆円余りでした。アメリカから中国への輸出は1538億ドル、中国からアメリカへの輸出は5367億ドル。また、アメリカの貿易赤字は1兆1818億ドル日本円では156兆円。国別貿易赤字が最も多かったのは中国で全体の3分1を占めています。両国の経済が密接に結びついている間は戦争は起きないと考えます。

投稿者 m-staff : 09:51 | トラックバック(0)

2023年02月07日

椿咲き日輪海の上渡る

岸 風三楼(1910~82)

椿咲きが春の季語。椿、白椿、紅椿、薮椿、山椿、八重椿、落椿、乙女椿、玉椿なども同意の季語です。
近くの横須賀市西公園の平戸椿は、1年中咲いているような印象を受けます。
ツバキ科の常緑高木。山茶(つばき)と書くのが正しいといわれています。北海道を除く日本各地に自生した植物で古代から日本人に親しまれていますね。木偏に春と書くように、日本春の代表的な花。葉は革質で、花は赤色五弁で中心におしべが柱状に集まっています。冬から春にかけて花を落としながら咲き続け、落花はすべて上を向いています。
この句では、椿が咲いている中を太陽が海の上を渡ったっている、と詠っています。ただそれだけで春の日の愛おしさを感じますね。
作者きし・ふうさんろうの紹介は、2005年8月2日を参照。
(出典:佐川広治著「季語の花―春」、TBSブリタニカ、2000年刊)
・トルコで大地震、シリアも被害を受けています。他人ごとではありませんね。専門家によると「トルコの東部はアラビアプレートとアナトリアプレートがぶつかり合い大きな断層があって地震の多発地帯。煉瓦を積み重ねただけの建物が多く、被害は想像以上に膨らむようです。国連を中心の援助が必要です。

投稿者 m-staff : 10:22 | トラックバック(0)

2023年02月06日

梅若菜鞠子の宿のとろろ汁

松尾芭蕉(1644~94)

梅若菜が春の季語。梅、白梅、野梅、春告草、臥竜梅、枝垂梅、盆梅、老梅、梅林、梅園なども同意の季語です。
裏の雑木林の梅の木は、花が五分咲きとなっています。毎日の散歩で梅の木に挨拶をしています。
バラ科の落葉樹。中国原産。2月から3月に葉の出る前に花をつけます。春告草といわれるように、ほかの春の花に先駆けて咲き、多くの詩歌に詠み継がれ、我々の心をつかんできました。俳句では梅というだけで梅の花を指します。
この句の「鞠子の宿」は、静岡市西部地区にあって、今は丸子といい、昔からとろろ汁が名物です。まるで観光案内のような句ですね。
作者まつお・ばしょうの紹介は、2005年2月21日を参照。
(出典:「新版・俳句歳時記第二版」、雄山閣、2003年刊)
・カーリング女子のロコ・ソラーレは、日本選手権で2年連続4回目の優勝を果たしました。数々の経験を重ねて技術が向上し、勝ち方を会得しましたね。世界選手権の活躍を期待します。また、ワールドカップの女子ジャンプ第17戦では、日本勢の伊藤、丸山、高梨が表彰台を独占しました。素晴らしいですね。

投稿者 m-staff : 09:30 | トラックバック(0)

2023年02月05日

初午や朱のなつかしき鯨尺

鷹羽狩行

初午が春の季語。午祭、初午詣、福参、一の午、二の午、三の午なども同意の季語です。
2月の最初の午の日を初午といいます。京都の伏見稲荷大社の神が降りた日がこの日であったといい、全国の稲荷神社で祭礼が行われます。初午には幟を立てて、太鼓を打ち鳴らし、油揚げ、米粉などを供えます。稲荷は稲生(いなり)の意味で、農業の神、田の神であるといわれ、田の神が狐を使者にするといわれています。
この句の「鯨尺」というのは物差しの一つ、もっぱら呉服店で布を計るのに用いられ、その1尺は曲尺(かねじゃく)の1尺2寸5分(約37.9センチ)に当たります。もとは鯨ひげで作ったのでこの名前があります。目盛りの所が赤い鯨尺を思い出しました。
作者たかは・しゅぎょうの紹介は、2005年2月1日を参照。
(出典:平井照敏編「新歳時記」、河出書房新社、1989年刊)
・今カーリングが面白いですね。「氷上のチェス」と呼ぶように、石の置き方一つで形勢が逆転するという面白さがあります。今日は男子、女子の決勝戦があり、女子では応援しているロコ・ソラーレがSC軽井沢クラブと対戦します。勝利を祈っています。

投稿者 m-staff : 09:28 | トラックバック(0)