2021年01月17日

一つ散りて後に花なし冬牡丹

正岡子規(1867~1902)

冬牡丹が冬の季語。寒牡丹も同意の季語です。
牡丹はもともと5月の花ですが、冬に咲くように仕立てることができるようになりました。藁で囲ったり、また温室の中で育てられますが、初夏の牡丹より花は小さく、色は白や紫があります。ボタン科の落葉低木。原産地は中国北西部からヒマラヤ。春に蕾を摘んで、初秋のころ葉を取るなどすると花芽が急速に発達し、冬のうちに蕾を持つようになります。霜囲いの下で咲く2~3輪の小さな牡丹は趣がありますね。
この句では、冬牡丹の一輪が散ってしまい、後には何も残らないと詠っています。今日は、阪神淡路大震災忌。1995(平成7)年1月17日未明に起きた直下型地震。激震は6430余名の命を奪い、約25万棟の住宅を全半壊させた記録的な大惨事。決して忘れることはできません。合掌。
作者まさおか・しきの紹介は、2005年1月20日を参照。
(出典:青柳志解樹編著「俳句の花 上巻」、創元社、2004年刊)
・昨日の「大学入試共通テスト」は文系、今日は理系になります。全国で53万人が受けていて、共通テストはマークシート方式で思考力や判断力がより重視されるようになって難しくなっているようです。私のところでも受験生が一人おり、心配しています。

投稿者 m-staff : 10:12 | トラックバック(0)

2021年01月16日

薮入の新井薬師に凧あがる

皆川盤水(1918~2010)

薮入(やぶいり)が新年の季語。養父入(やぶいり)、里下がり、宿下がりなども同意の季語です。
今では珍しくなりましたが、昔、正月16日には使用人に休みを与え、親もとへ返したり、自由に外出させたりする日。盆の7月16日にも帰らせますが、こちらは「後の薮入り」と呼んでいます。昔は奉公人の休日は年にこの2回しかなかったので楽しい日でもありました。また、仏教では閻魔の賽日(さいにち)で、地獄で亡者を呵責するという獄卒も休み、「地獄の釜の蓋もあく」といわれました。
この句の「新井薬師」は、東京と中野区にある真言宗の梅照院というお寺。ご利益は眼病治癒。薮入りの日、そのお寺の上に正月につきものの凧がのどかに上がっている、と詠っています。
今日から明日は大学入試共通テスト。受験生は大変ですね。
作者みながわ・ばんすいの紹介は、2005年11月1日を参照。
(出典:角川書店編「合本 俳句歳時記第三版」、角川書店、2003年刊)
・うれしいニュース。バイオリニストの五嶋みどりが、アメリカで文化や芸術に寄与した功績を残した人に贈られる「ケネディ・センター名誉賞」に選ばれました。日本出身者の受賞は2015年の小澤征爾以来です。発表では「優美な精密さと表現力を兼ね備えた演奏で、芸術と人間の経験とのつながりを築いた」とされています。

投稿者 m-staff : 10:12 | トラックバック(0)

2021年01月15日

雪嶺の目の高さなる小正月

阿部みどり女(1886~1980)

小正月が新年の季語。十五日正月、花正月なども同意の季語です。
元旦の大正月に対して、14日夕べから15,16日にかけて祝われる正月を意味します。その日について、地方によって多少の変化があります。小正月の小は私的の意味で、女の正月としたり、農作の行事や年占いが行われたりします。大正月が上層の儀礼的な雰囲気を持っているのに対して、小正月は農民的な性格を持っています。
この句では、山々に雪嶺が見える高さは、以前の高さよりも目に高さにある、と詠っています。そそれだけ親しく感じていますね。
作者あべ・みどりじょ紹介は、2005年6月2日を参照。
(出典:角川春樹編「合本 現代俳句歳時記」、角川春樹事務所、2004年刊)
・新型コロナウイルスの感染者が日本で初めて確認されたのは2020年1月15日、神奈川県に住む30代の中国籍の男性からでした。この男性は中国の湖北省武漢から帰国後、肺炎と診断されていました。
あれから1年、感染者は31万1353人、亡くなった人は4353人に上っています。益々強力な防護体制が必要ですね。

投稿者 m-staff : 10:06 | トラックバック(0)

2021年01月14日

ストーブに温まりゐし手と握手

星野立子(1903~84)

ストーブが冬の季語。暖炉、ペチカも同意の季語です。
暖房装置の一種。現代では、電気、ガス、石油、エアコンなど用いたストーブを日常生活の中で見かけます。昔は、石炭やコークス、薪などを焚いていましたね。北海道では石炭でルンペンストーブを焚いていました。火力が強いので室内では薄着で暮らしていました。
現在、我が家の暖房器具は、電気ストーブとエアコンで過ごしています。
この句では、ストーブで温まった手と握手をしていますが、今はコロナの影響もあって「三密」では、不可能ですね。せいぜい肘と肘をぶつけ合って親交を表すことしかできません。
作者ほしの・たつこの紹介は、2005年2月9日を参照。
(出典:平井照敏編「新歳時記」、河出書房新社、1989年刊)
・アメリカの連邦議会でアブナイ大統領の支持者らが乱入した事件をめぐって議会下院は「反乱の扇動」で大統領の罷免を求める弾劾訴追の決議案を賛成多数で可決しました。弾劾訴追されるのは一昨年のウクライナ疑惑に続いて2回目。任期中に2度、弾劾訴追されるのは歴代大統領で初めてです。アメリカの民主主義は大変なピンチですね。

投稿者 m-staff : 09:43 | トラックバック(0)

2021年01月13日

裏白を剪り山中に音を足す

飴山 實(1926~2000)

裏白(うらじろ)が新年の季語。歯朶(しだ)、歯朶刈なども同意の季語です。
山村では裏山へ歯朶を刈りに行くこともありましが、たいていは年の市で買って正月の飾りにしますね。普通、歯朶というと歯朶植物の総称ですが、俳句で新年に詠むのは、ウラジロ科の常緑歯朶、裏白のことです。アジア各地に広く分布し、根菊は匍匐(ほふく)してところどころに葉を出します。葉の裏は白く、正月の飾りに、また、葉柄を乾かして器具を製作します。昆布や干し柿とともに鏡餅にそえたり、神棚の注連飾り、床の間の蓬莱飾りに用いますね。
この句では、山の中に入って、歯朶を剪っている様子が伝わってきます。静かな山中に「音を足す」が絶妙ですね。
今日は、朔(さく)。月が太陽と同じ方向にあって、暗い半面を地球に向ける日。新月。2月は12日。
作者あめやま・みのる紹介は、2007年6月27日を参照。
(出典:辻 桃子監修「俳句の草木」、創元社、2005年刊)
・政府は「緊急事態宣言」が先の首都圏の1都3県に続いて、大阪、兵庫、京都のほかに愛知と岐阜、それに福岡、栃木の、合わせて7府県を対象とすることになりました。現場が困っているのですから、政府はもたもたせずに行動してほしいと望みます。

投稿者 m-staff : 09:41 | トラックバック(0)