[2005年02月16日]

俳句(2005-02-16)

春の雨夢とわかってもう晩年

清水径子

春の雨は、静かにしとしと降ります。この雨で草木が育ち、花はつぼみを膨らませます。春雨じゃ濡れてゆこう、などという気にはなかなかなれませんね。
作者は、ぼんやりと春の雨を見ていて、わたしの人生はいったい何であったのだろうかと考えています。自分からも他人から見ても、とうとう晩年と呼ばれるような歳になったなあ、と嘆息している様子がうかがわれます。
清水径子(けいこ)は、句集「雨の樹」で平成14年度日本詩歌文学館賞を受賞した俳人です。
(出典:「新季寄せ」蝸牛社、1995年刊)

・鈴木理寛さん、ご結婚おめでとう。いつまでもお幸せに。

投稿者 m-staff : 2005年02月16日 08:36

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yasumasa.jp/mt/mt-tb.cgi/97

このリストは、次のエントリーを参照しています: 俳句(2005-02-16):

» asian rape from asian rape
asian rape [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年07月30日 14:54

» rape videos from rape videos
rape videos [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年08月01日 10:15

» carisoprodol from carisoprodol
carisoprodol [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年08月02日 11:50

» effexor from effexor
effexor [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年08月05日 13:14

» buy phentermine from buy phentermine
buy phentermine [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年08月08日 23:39